Archive for the ‘未分類’ Category

金融危機

金融危機などの影響から多くの企業で給与の削減が行われており、

数年前から比べると給料が下がってしまった人や変動がなく上がることが期待できない人が多いことでしょう。

そのような過程で頭を悩ませてしまうことがお子さんの教育資金をどのようにねん出するかということです。

子供教育費は思いのほか高額になってしまいますので貯金と給料だけでは補うことが厳しい家庭も多いことでしょう。

そのような場合には教育ローンという選択があります。どのように選ぶかは教育ローンの重要ポイントとなります。

選ぶ際の教育ローンの重要ポイントとなる要素にはさまざまなものがありますが、第一に金利をあげる方が多いことでしょう。

教育ローンにはさまざまな商品があります。同じ金融機関内でも、固定金利のもの変動金利のものがあります。

教育ローンの借入金額は大きくなってくるので10年以上の長期にわたる返済が予想されます。

その中で固定金利にするのか変動金利にするのかは返済総額に大きな影響を与えていくことになりますので、

借入れ時点での金融情勢を気にしながら選択するようにしましょう。

また教育ローンの重要ポイントとしては、有担保のものにするのか無担保のものにするのかということも挙げられます。

無担保のものは契約者の年収により借り入れ金額が決まるのでそれほど大きな額を借り入れることができませんが、

有担保のものであればある程度大きな金額を借りることができます。

自分たちに必要な額や返済できる余裕などを考えてどちらにするのかを考えるようにしましょう。

審査内容

教育ローンの重要ポイントその1、金利が少し安めに設定されている。

将来のことや支払う金利の合計を1円でも安くしたいため、金利は安い方が良いに決まっています。

借りる金額にもよりますが、金利が1%違うだけで何万円も変わるためできるだけ安いところで借りたいです。

教育ローンの重要ポイントその2、審査内容をしっかりと確認しましょう。

審査内容はところによって異なりますが、勤務先の勤続年数や年収、返済負担額、他の債務や返済履歴が主です。

審査を受ける前に審査内容を確認しておかないと事前に準備しなくてはいけないものもあるため受かる審査も受からなくなってしまいます。

審査内容を確認して絶対に借りられるな体勢をつくってから審査を受けてみましょう。

教育ローンの重要ポイントその3、融資可能額をしっかりと確認しましょう。

融資可能額は基本的に300万円~500万円が多いです。

担保によってはさらに多く融資してもらえることもあります。

教育ローンの重要ポイントその4、返済方法の詳細をしっかりと確認しましょう。

元金裾置期間が設けられているかどうか、親子で返済を引き継ぐことが出来るかどうかなど、

チェックしておかないと後々大変になりそうなことはしっかりと確認しておきましょう。

また、住宅ローンのように繰り上げ返済が出来る場合もあるので、希望するならば手数料もチェックしておきましょう。

今では、郵便局でも教育ローンを扱っているので、是非確認してみてください。

教育ローンの重要なポイント

教育ローンの重要ポイントについて、調べようとすると、銀行をはじめとして

目的別ローンを商品として保有している金融機関のサイト1社を見るだけでは、十分とは言えません。

いくつかの金融機関を比較することで、返済利率が低い商品、返済期間の設定やローンの引き継ぎに関する規定を色々と知ることができます。

自分が給与振込口座に指定している金融機関で教育ローンを組むことを、一番先に考えがちですが、

それは教育ローンの重要ポイントとして、理解できませんしお勧めしません。

銀行もWEBサイトからオンライン操作で返済することができますし、

一般的な質問や相談ならオンラインの問い合わせフォームで対応できますので、利便性は金融機関ごとで著しく変わることはありません。

教育ローンの重要ポイントとしては、審査基準と借入額の比較も外せません。

借り入れを申し込む自分の条件は同じでも、金融機関によって融資の額が異なることはよくあります。

多く借りられて利率が低いと一番良いですが、なかなかそれは現実的に難しいものです。

しかし複数の金融機関へ教育ローンの借り入れ審査を申し込むと、返済利率と借入額のバランスを検討することができ、

必要十分で、且つ責任を以て返済できるベストの選択ができます。

教育ローンは大きく借りればよい、というものではありません。

借金ですので借り入れは必要範囲に抑えるべきですが、1社で教育ローンの申し込みをして、

借入額が不足していると分かってからでは慌ててしまうので、先に複数金融機関へ相談することをお勧めします。

国立と私立

親にとっての最優先事項は子供への教育です。充実した教育には多額の費用がかかりますので、昨今の経済不況によって生活費が圧迫されている状況では大学進学を諦めざるを得ない家庭も出ています。そのような時には教育ローンを利用することをおすすめします。そこで教育ローンの重要ポイントについて説明します。不景気のせいで私立大学よりも国公立大学へ進学希望する学生が増えているのです。私立の学費に比べると3分の1以下なので、家計が苦しい家庭では助かります。そのため地方の国公立大学を受ける学生も増えており、もし遠距離の大学へ入学した場合には家を出て自活しなければなりません。学費は安くてもそのための生活費が必要になります。そのような場合にも教育ローンを利用できるのです。このような利用の仕方も教育ローンの重要ポイントなのです。教育ローンは一般のローンに比べて金利が低めになっているのもおすすめの理由です。一般的には保護者が申し込みをするのですが、社会人学生であれば自分で申し込めるのです。一定年齢になってから返済をすればいいので、人生設計の中に繰り込むことができ、勉強をしないでアルバイトをしながら返済する必要がないのです。この返済方法も教育ローンの重要ポイントです。長い目で人生を見た時に、多少借金を作っても教育だけは充実させた方が将来の自分のためには効果的ですし、教育という財産は人生を豊かにします。その意味でも教育ローンを利用することをおすすめします。

子供の将来に影響がある

教育には無償の教育も大切ですが、やはり、お金がかかる場合が多いです。

教育には、企業においての育成の為の社員教育等も教育の一つと言えます。

しかし、教育と聞くと、一番に頭に思い浮かべることは、我が子を持つ親としての子供に対する教育である場合が多いです。

子供の教育には、いろいろな手法があります。

子供にどのような教育を受けさせてあげるかということは、重要な親の選択でもあります。

その教育の内容により、子供の将来に影響がある場合が多いからです。

教育にはお金がかかることは知られていますが、子供の成長と共に、教育に関する費用は加算していきます。

教育ローンの重要ポイントはそのような状況下でも、教育をしっかりと受けさせてあげれる手法が出来る場合が多いことです。

教育ローンの重要ポイントは、そういった進学時期等にまとまった金額の費用が必要な場合、

心配することなく、子供に対して教育の場を提供できるこです。

勿論、ローンになりますので、最終的には返済する訳ですが、子供の成長と、教育費用のバランスが揃わない場合には、

子供の成長は待ってはくれないので、そういった場合には、教育ローンの重要ポイントであり、特権である教育ローンを利用して、

大切な子供の教育に役だけてることができる選択もあります。教育ローンの重要ポイントは必要な時にローンができて、

子供が進みたい方向へも手助けができるところです。教育はとても重要で大切なことです。

無利子や給付型

進学をしようとする時に、家庭の事情やアルバイトなどとの兼ね合いで、学費を中心にした出費に対して不安が持つ場合があります。

そうした場合に、一般的な対策の1つとして奨学金があります。

ただし奨学金の場合は、無利子や給付型のモノを受けたいと思えば、その利用許可が下りるまでに、

成績などのハードルは当然高くなります。

その結果、奨学金の受け取りが認められない場合も予想されます。

そうした場合に、進学を諦められない場合での最後の手段と位置づけられているのが教育ローンです。

教育ローンとは文字通り教育に関する事柄に対して、費用が不足した時に設定する融資のことで、

教育ローンの重要ポイントとしてはその仕組みと選ぶ時の判断基準が大切になります。

まず1つ目の教育ローンの重要ポイントは、その仕組みです。教育ローンは公的機関と民間両方から提供されるモノがあり、

基本の仕組みとしては無担保で申し込みできる場合が多く、その場合は進学を希望する当人の保護者が、

所得証明や住民票などの当人および家族状況に関する確認書類を提出し、代わりに返済方法などを記された証書を受け取り、

その記載内容通りの条件に沿った融資・返済を行うという形式が主に取られる、とされています。

このため教育ローンは、保護者の借金と位置付けられるのが一般的となっています。

そうした教育ローンを選ぶ時は、融資を受ける金額の限度額、返済期間でかかる金利の大小および変動具合、

保護者の持つ経済力との兼ね合い、といった面からの判断が重要となります。

その他、進学終了後に返済対象が保護者から当人に移るリレー方式や、固定か変動かを選択できる金利の変動具合の選択制など、

様々な選び方が分かれてきます。こうした教育ローンの重要ポイントを踏まえ、ロスの少ない計画を組むことが大切です。

授業料

近年、大学卒業するまでにかかる費用では銀行などの教育ローンの必要性が高まっているのです。

バブルの時までは、国立大学、公立大学の入学金、授業料は安かったのです。

私立の大学についても、理系でも100万円くらいでした。

しかし、バブルの崩壊、リーマンショックを経て日本経済はデフレ傾向になっているのに学費は下がらないのです。

逆に私立も国立大学も学費が高くなっている傾向にあるのです。

そのため、大学を卒業までの費用を教育ローンなどで銀行から借りるような人も増えてきているのです。

それだけ教育ローンの必要性が高まっているのです。

しかし、大学の学費は高くなっているのですが、有名な私立大学、国立大学に合格するために中学、高校とそれまでに塾、

家庭教師と費用がかかっているのです。

昔も塾、家庭教師はそれなりにありましたし、受験戦争と言う言葉もありましたようにそれなり受験生も大変でした。

しかし、現在は小学校から、将来の大学入学に向けて親はお金を子供にかけているのです。

昔とは大学合格までにかかる費用が多くなっております。

そのため、大学にかける費用はローンでまかなわなくてはならなくなっているのです。

世間はデフレで給与も今後高くなるとも思えません。

それも教育ローンの必要性が高まっている理由のひとつです。少子高齢化で大学に進む子供も少なくなってきております。

一人の子供にかける費用を増やしてきているのが各家庭の状況です。

専門的な分野で学ぶ

教育ローンの必要性は、より高度な教育やより専門的な分野を学ぶのに、お金がなくて進学できない場合に必要なローンです。

大学や専門学校に進学するのには、入学金や授業料が必要です。

しかもそのような機関で学ぶためには、上記のような費用の他にも専門的な教科書や通学費用といった諸費用も必要になります。

より高度で専門的な教育を受けることによって、日本の未来を支える一員ともなる若者の教育を受ける為にも教育ローンの必要性があります。

進学するにあたって、まず奨学金という貸付があります奨学金は本人が申請をして、月々定額の貸付になります。

成績の要件があり、利率が無利子の場合もあります。貸付時期は入学後になります。

一方、国の教育ローンは、保護者が申請をします。貸付の上限がありますが、成績の要件はありません。

ただし利率はかかります。そして貸付時期は入学前でも可能です。

奨学金と国の教育ローンは、大学進学といった場合の費用を貸付してくれる公的な制度になりますが、

上記のような違いがあることを知っておく必要があります。特に奨学金は、成績要件があるので、

一定の成績に達していない場合は使うことができません。

奨学金を使えない場合は、国の教育ローンを利用することになります。ただし利率は上がります。

しかし教育ローンの利点は、入学前にも貸付が可能なことです。

このことによって、入学金に貸付金を充てることができます。

奨学金の場合は、入学後の貸付になるので、入学金には充てることができません。

その他にも学校によっては、金融機関と連携して教育ローンを行っている機関もあります。

より高度で専門的は教育機関に進学したい場合に、お金がなく進学できない場合のためにも、教育ローンの必要性があります。

教育資金

近年は晩婚化や高齢出産が多くなったことにより、子供の教育費用が多くなる時期に、退職したり体調不良に陥ったりする親が多くなっています。そのようなときのために学資保険に子供が小さいころから入っている方もいらっしゃいますが、多くの場合は、子供の教育費が増えてきたころになって、その事実に気づくことになります。しかし、実際に子供が教育資金を必要とするときにお金がないばかりに子供が望む教育を受けられないという事態は避けなければなりません。子供にとっても、親にとっても、子供の教育というのは重要な意味を持ちます。そのため、どうしても教育資金が用意できない場合、教育ローンの必要性がクローズアップされるのです。教育ローンの必要性はあまり知られていませんが、先ほど述べたような理由から、今後、重要視されることと思います。通常の家庭であれば、子供が産まれて成長していく過程で、住宅を購入しますので、子供が幼い間は住宅ローンで首が回りません。親が年齢を重ねてある程度収入が増えてくると、次に出てくるのが教育費です。特に、教育費は短期間の間に多額の費用が必要となります。場合によっては、一人当たり年間で数百万円必要となる場合もあります。しかし、これも一つの投資ですから、子供に対しての投資だと割り切ることで、教育ローンの必要性についても理解できるのではないでしょうか。教育ローンの場合、お金を払った代償として物を得られるわけではありませんが、子供の未来に投資することで、先々、大きなものが得られはずです。

奨学金

教育ローンの必要性は、親として子供に教育を与える義務がある以上、敢えて問うまでもないことなのですが、

究極的に奨学金で対応しない選択を選ぶことの理由とリンクしていることに、気づいておられる方は少ないようです。

教育ローンはもちろん返済を子へ引き継がせる可能性が残りますし、奨学金と比較すれば利子負担が大きいので、

利用できる条件がそろっているのであれば奨学金を利用する方が良い、とだれでも考えます。

しかし教育ローンは保護者の自発的な考えで申し込むもので、子の意思とは無関係であり、

親がローンの支払いを全て請け負うのが当然である、という社会的な理解が前提としてある一方、

奨学金は子が返済することが前提になっているよう社会的認識です。

奨学金で大学へ進学した、というと家庭がローンを承認されないような状況、つまり親が無職であることを疑われてしまい、

その学生の優秀さや向学心よりも、家庭が不安定であることを疑われてしまいます。

教育ローンの必要性は、奨学金を利用する理由が、子への評価を下げることだからです。

一昔前は奨学金ででも大学へ行く場合、その大学が素晴らしい一流の学校であることが多く、学生の立派さに脚光が浴びせられ、

家庭環境に問題があるのでは、と疑われるようなことはあまりなかったのですが、社会の風潮が変わりましたので、

それに伴って、教育ローンを利用できる家庭で育成されてきたと、大っぴらにできることが寧ろ、

学生の評価が上がるようになりました。子の社会的評価の為に教育ローンの必要性を見出すのです。